コース番号1

解剖・生理学再学習コース

大変永らくお待ち頂きましたが、コース番号1「解剖・生理学再学習コース」を開催する運びとなりました。

今回の御案内は、昨年度から始めておられる先生方への「第5回:呼吸器病態生理、腎・排泄」の御案内と、今年度開始シリーズの「第1回:血液・循環」の御案内となります!

奮ってご参加下さい!!

 

こちらのコースは、資格取得後、数年間を経過したPT・OTの皆さまの解剖学、生理学等に対する「えっ?もう少し勉強しておけば良かった?」という後悔、欲求不満、渇望、熱望等に対応するべく立ち上げた内容となります。

それを踏まえ、ここでのコンセプトは、「解剖・生理学の再学習」による「リスク管理への応用」「治療への応用」「自らの治療結果を基礎医学的に振りかえる」という三本柱を基本に考えています。

コース内容としては以下の10回を1シリーズとします。

 

①「細胞~生体のhomeostasis」

②「血液」「循環」

③「循環」「呼吸」

④「呼吸」「腎・排泄」

⑤「腎・排泄」

⑥「酸-塩基平衡」

⑦「内分泌」

⑧「筋(骨格筋・心筋・内臓平滑筋)」

⑨「感覚器」「代謝・体温」

⑩「代謝・体温」「運動生理学」

 

これらを約1年半(3か月で2回程度、日曜日に開催致します)で完了予定とします!

それぞれ単独でも受講は可能ですが、10回を受講して頂くことで、自らの知識の整理、確認をして頂ければ幸いです。(実は、昨年度から、このコースは実施させて頂いておりますが、私の未熟さ故、遅々として進捗しておらず、まだ3回目をウロチョロしています!!)

今後の開催日程は、このホームページでお知らせ致しますので、是非ともご参加頂ければ幸いに存じます。(損はさせませんよ!!)

 

※各コースともに「¥8400/10時間」の受講料となります。その価値が有るか、否かは、私自身が甘んじて受け入れる覚悟で行ないます。

※テキストはオリジナルテキストを使用します!!

 

是非、これを機会に、自らの臨床技術に対する裏付けとなる基礎知識の確認をして下さい。