コース番号2-S

「体幹スタビリティの理解と運動療法」

 

<講師>

山本泰三(スターティングアゲイン代表取締役)

講師の山本先生は、27年に亘る臨床及び教育場面において、常に真摯な姿勢で取り組んでおられます。

その姿は我々も見習う点が多く、患者さんや学生からの信頼も非常に大きいものがあります。

その山本先生が長い間取り組んでおられるテーマについて今回、拝聴できる機会を得られたことは非常に貴重なことだと自負しております。

テーマ内容はもちろんのこと、先生の人柄、真摯な態度に接して頂くことで皆様も「自らを考える好い機会」と感じて頂ければ幸いに存じます。 

以下は先生からのテーマ内容です。

<内容>

体幹スタビリティは、腰痛や片麻痺などに対する運動療法や、スポーツ領域のトレーニングで注目されています。体幹スタビリティに重要な腹横筋、多裂筋、骨盤底筋に代表される体幹深部筋の理解を深め、評価と運動療法について腰痛や失禁、片麻痺を例に挙げながら研修します。超音波画像診断装置を用いた体幹深部筋の収縮を評価した結果を提示します。

1.体幹スタビリティとは?

2.体幹スタビリティの機能解剖

3.体幹スタビリティの運動機能メカニズム

4.体幹スタビリティの評価

5.体幹スタビリティの運動療法