代表からのご挨拶

はじめまして!

湘南リハビリテーション教育センター(Syonan-Rehabilitation-Educational-Center:以下SREC)代表の矢野幸彦と申します!!

平成20年4月に当センターを開設致しました。自らの30年に亘る教育歴の中で様々な事を考えるとともに、困惑、挫折を繰り返し、時に僅かな達成感を感じるなかで、今後の自らの進むべき道を模索してまいりました。

現在のリハ関連職種の養成は、多くの道が開かれていると同時に、様々な問題、格差が内在しています。それらの問題を吟味してみると、学生の問題、教育者の問題、臨床現場の問題など、様々な要因が複雑に絡み合っているように思われます!

そこに対して、幾許かの貢献が出来ないかと考え、設立致しましたのが当センターであり、これらを踏まえ、SREC-CONCEPTは「それぞれの世代(経験値)にとって必要な知識、技術の再学習及び成長の礎の確立」を基本とさせて頂きます。

まず、現役の学生の皆さんに対しては「学力に対する不安解消」を目標に、解剖学、生理学、運動学を中心とした基礎学力の纏めを行なうコースを提供致します。

そして、不幸にして国家試験に不合格となってしまった既卒学生の皆さんには、とにかく「国家試験突破」を目標とした講座、予想模擬試験コースを提供致します。

次に資格取得後、数年の皆さんに対しては、私自身も感じた「もう一度、解剖や生理学を勉強したい(勿論、学生の頃にしっかり勉強しておけば問題はないのですが、なかなか難しい?ですよね)」という欲求、要望に応えるコースを提供するとともに、それを踏まえた上で、臨床における「問題解決能力、技術力、判断力、指導力」等の向上を目標としたコースを提供致します。

「継続は力なり!!」ということで、無理のない範囲で少しずつ着実に力をつけて頂けるような日程を提供致したいと考えております。勿論、これらを私自身一人で出来るなどとは考えておらず、各方面から、それぞれ優秀で魅力的な「非常勤講師」の先生方にお手伝いを頂くとともに「愉快で頼れる仲間たち」の御協力を頂いて、少しずつ着実に一歩一歩、歩んで行きたいと考えております。

甚だ微力では御座いますが、皆さまからの御指導、御鞭撻を頂きながら、まず10年間、一心不乱に頑張りますので、宜しくお願い申し上げます。

 

 

平成22年12月 吉日

代表プロフィール

湘南リハビリテーション教育センター 代表 矢野幸彦

 

<略歴>

昭和55年3月

東京都立府中リハビリテーション学院 卒業

昭和55年4月

昭和大学藤が丘病院リハビリテーション部 入職

昭和61年4月

昭和大学藤が丘病院リハビリテーション部主任

平成3年4月

東京衛生学園専門学校リハビリテーション科 入職

平成10年4月

東京衛生学園専門学校リハビリテーション科学科長

平成20年4月

湘南リハビリテーション教育センター設立

 

<教育歴>

昭和58年~平成3年

国立療養所箱根病院附属/リハビリテーション学院 非常勤講師

昭和60年~平成2年

昭和大学烏山病院附属看護専門学校/昭和大学旗の台病院附属看護専門学校 非常勤講師

平成10年~

篠原国家試験予備校(スリント) 非常勤講師

平成20年~

東京衛生学園専門学校 非常勤講師

平成22年~

彰栄リハビリテーション専門学校 非常勤講師